製品のローカライゼーションとコミュニケーション

逆説的に言うと、経済と市場のグローカリゼーションにより、製品はそれぞれの国の独自性に適応することが求められています。つまり輸出と競争がそれを要求しているのです!

こうしたタイプの適応への摸索は”ローカライゼーション”と呼ばれています。

言語の生産における第一の要素はもちろん言語です。
広告資料、ユーザー・マニュアル、ソフトウェア、マーケティング・ファイル、カタログそしてコミュニケーション・ブリーフは、新たな市場で真に製品をローカライズされた状態にする鍵となる要素です。印刷物からウエッブ・サイトまで、プログラミングから技術的な教育報告まで、小売店のスローガンまでも、すべてを適応させなくてはなりません。それも、しっかりと適応させなくてはならないのです。
ローカライゼーションは輸出市場における競争力を保証してくれます。なぜなら、文書によるコミュニケーションは最もわかりやすい形で製品自体の一部となっているからです。
ユーロロゴス・グループには、もう1つさらなるメリットがあります。
多国籍な支店のネットワークのおかげで、当社はローカライゼーションだけでなく、多言語によるコミュニケーションも保証することができるのです。この2つのアクションは”グローカリゼーション”として知られています。