アドバイスとトレーニング

アウトソーシングとコーポレート・コミュニケーションの改革

多言語コミュニケーション時代の企業は、新しい社内生産担当部署を再編するために、言語サービスの専門家によるアドバイスが欠かせません。
それぞれが独自のノウハウをもっています。社内業務と外注の重要な配分において、運営機能と最新の言語工学に基づいたコンピューター機器を取り揃えることが絶対に必要です。
ユーロロゴスは、現代企業のコミュニケーション担当部署に効果的な組織を作るため、人材を配置する前の技術的なアドバイスと、人材のトレーニングという2種類のサービスを提供しています。

注:教育者だとうそぶきながら職業を遂行できないアドバイザーやインストラクターが用いるノウハウは(非常に簡単に)笑いものにされる可能性があるということに注目しておかなければなりません。ユーロロゴスの場合は、アドバイスやトレーニング業務は、当該分野で実際に得られた日常的な直接経験に基づいて行われています。