様々な言語に翻訳される企業のテクノレクト

技術翻訳は対象となる製品とその競争力にとって不可欠です

印刷物によるコミュニケーションはますます専門化、多言語化しています。
新しい国際市場を征服するには、まず最初に、私たちが社内の技術用語と呼ぶものをターゲット市場で使用する言語へと翻訳することです。技術的財産の総体、あらゆる商業ノウハウ、マーケティングと宣伝の知識、つまり各社の持つナレッジマネージメントのすべては、製品に競争力と魅力を与えるために、慎重に翻訳して検証しなければなりません。

グローバリゼーションの時代、これは輸出の成功における必須条件です。企業特有の用語や語法は一般的に長年蓄積され、洗練されてきたものですが、ターゲット市場に対応した言語(および地域特性)の数だけ増えていくものなのです。

たやすい仕事ではありません。素人気分でのいい加減な取り組みでは、手ひどく、無駄に費用のかかる失敗につながります。

実際には、翻訳は製品とサービスとは切り離せない部分であり、競争力をもたらす主要な要素ですらあります。
さらにその品質は基本的に、検証済みの専門用語集と語法集の品質にかかっています。

ではどのように取り組むべきでしょうか。どうぞ関連項目をお読みください。